トイレトラブル

トイレでのトラブルの多くは、「詰まり」「水漏れ」に大きく分けられます。

詰まりは、物を落としたなどの「アクシデント」や、トイレタンクの機能低下などいわゆる「老朽化」が主な原因となります。

一方で水漏れの症状は、トイレの種類・水漏れ箇所・原因によって様々です。

トイレの故障は頻度も多くやっかいなもの。
もし、ご自分で直そうとすれば、よけいにトラブルを大きくする可能性もあります。

正しく、適切な処置を行う必要がありますのでぜひ国家資格を持った当社技術スタッフにお任せ下さい。

トイレの詰まりの原因は?

トイレの詰まりが起きる原因でよくあるもの

  • 一度に流すトイレットペーパーが多すぎた
  • ティッシュペーパーを流した
  • トイレの水圧が不足している
  • 異物を流してしまった
  • トイレのお掃除シートが溶けきれず詰まる
  • オムツなど、水を含んで膨らむものを流した
  • ポケットから物を落とし水を流してしまった
  • 食べ残しを流した

トイレの詰まりを解消する

軽度の詰まりであれば、ラバーカップ(通称:スッポン)を使うことで解消できる場合もあります。

使う場合は周囲に汚水が飛び散るのを防ぐために、ビニールシートに穴を開け、ラバーカップの柄を通して使います。
排水口部分にラバーカップを当て、ゆっくりと押して、素早く戻すを繰り返します。

ラバーカップの使い方

便器内の水位が高い状態や、詰まったものによっては、ラバーカップを使うことで汚水が溢れたり、故障の原因になる事もあります。

不安な場合は当社にお声かけください。24時間いつでも駆け付け対応いたします。

水漏れする原因は?

  • 配水管や給水管の劣化や接続部の緩み
  • タンク内のオーバーフロー管の劣化
  • タンクや便器などにヒビが入っている
  • 温水洗浄便座の故障

水漏れを見つけたら

トイレで水漏れを発見した場合はまず使用を中止し、すぐに当社へご相談ください。
水が流れたまま止まらない場合は慌てず、止水栓を止めるなどして応急処置を行いましょう。

止水栓はトイレ横の配管近くにあり、止める場合は、マイナスドライバーや平らなもので回します。

また、賃貸に住んでいて床などから水漏れしている場合は、階下に及んでいる事もありますので、管理している業者や大家さんへもご相談ください。

トラブルの対処と料金

紙つまり
トイレットペーパーを大量に流したら詰まってしまった。つまり専用器具(ローポンプ)で押し流してつまりを除去。
6,000円(基本料含む)

異物でつまり
固形物(携帯電話・掃除用具など)を誤って落としてしまった。便器を外して異物を除去。軽微清掃と便器取り付け作業。
20,000円(基本料含む)
トイレタンクから水漏れ
トイレタンクに繋がる給水管からの水漏れ。接続部のパッキン劣化が原因。パッキンの交換で修理完了。
6,000円(基本料・材料費含む)
便器の水が止まらない
タンクに水が溜まった後も水が流れ続ける。タンク内部のボールタップ(定量止水弁)劣化が原因。ボールタップの取り換え及びタンク内部清掃。
14,000円(基本料・材料費含む)

こんな症状があれば水道業者の点検が必要です

水が止まらない
水量が一定に流れていない
異臭がする